フォト

« 原発・放射能でボロが出た武田邦彦の馬鹿が今度は政権非難で茶を濁す。 | トップページ | 創価宅間の傷は癒えず・・・本日11年目の池田小事件の日。 »

2012年6月 8日 (金)

今度は「孤独死」を盾にとって必死に「吉本」「在日」を弁護する日本テレビ。

タレントの母親が生活保護を受給していた問題で、生活保護の受給者や支援者が7日に会見し、「扶養義務を厳しくすると必要な人が保護を受けられず、孤立死が増えるおそれがある」と訴えた。

 会見では、タレントの母親の生活保護受給について、弁護士らが「生活保護法では、親族の扶養を受けられないことが受給の要件にはなっておらず、不正受給ではない」と説明した。その上で、「冷静な議論なしに、生活保護を受けにくくする制度改正をするのはやめるべきだ」と訴えた。

 厚労省は、扶養できない理由を書面で提出するよう親族に義務付ける法改正を目指しているが、受給者らは会見で「親族も低所得の人が多い他、暴力を振るう親族から逃げている場合もある」として、「必要な人が生活保護を受けられず、孤立死が増えるおそれがある」と訴えた。

ライブドアニュースより引用

これの元ネタはNNN(日本テレビ)から発信してる、孤立死を盾になんだか「吉本」や「在日」を必死で守ってるようだ。

AKBをウジに取られて必死すぎる日本テレビ。

« 原発・放射能でボロが出た武田邦彦の馬鹿が今度は政権非難で茶を濁す。 | トップページ | 創価宅間の傷は癒えず・・・本日11年目の池田小事件の日。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

偽善・医療・社会福祉」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/45575022

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は「孤独死」を盾にとって必死に「吉本」「在日」を弁護する日本テレビ。:

« 原発・放射能でボロが出た武田邦彦の馬鹿が今度は政権非難で茶を濁す。 | トップページ | 創価宅間の傷は癒えず・・・本日11年目の池田小事件の日。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ