フォト

« 「毒男は危険!」を煽る創価の手先のバカテレビ・警察・防犯パトロール。 | トップページ | 千原が片山先生を脅迫・恐喝!ついに本性を出した「吉本興業」 »

2012年5月27日 (日)

河本も問題だが、投資詐欺の慶応大生も問題。

慶応大学に在籍しているとみられる20代の男子学生が投資会社を設立し、投資家から資金を集めたまま出国し、連絡が取れなくなっていることが関係者への取材で分かった。被害者の一人は取材に「学生は少なくとも数億円を集めていた」と話している。一部の投資家は学生に資金の返還を求めて東京地裁に提訴したほか、警視庁に被害を相談しており、近く詐欺容疑で刑事告訴する方針。

 投資家の代理人弁護士らによると、学生は10年4月、東京都中央区に合資会社を設立。当初は友人の資金で株取引をしていたが、昨年に入ったころから「株価の動きを監視し、損失を最小限に食い止める全自動売買システムを開発した」などとうたい、投資家から資金を集めるようになった。学生は「1日平均0.5%(年182.5%)の利益を出している」と説明していたという。投資家の代理人弁護士は「運用自体が架空だった可能性が高い」と指摘する。

 学生は投資家への返還期限が迫った今年2月、シンガポールへ出国。その後、連絡が取れない状態が続いている。学生は投資家へのパンフレットで慶応大学に在学中であることを記載。知人の慶大生によると、学生は昨年3月ごろから突然、羽振りが良くなり、高級車を乗り回し、友人を運転手や秘書として雇用。高級シャンパンを何本も振る舞うなど、派手な生活を続けていたという。慶大は男子学生が在籍しているか明らかにしていない.

ライブドアニュースより引用

河本騒動の陰に隠れてこちらのニュースもあまり取り上げられていないが、ネット上では河本に次ぐ祭りと化してる。

当の慶応大も「知らぬ存ぜぬ」の「梨のつぶて」で犯人を隠してるとしか思えない、川本の一件で在日特権が浮かび上がってきたように、慶応大の巨額詐欺事件もどうもカスゴミに慶応大が圧力をかけたんじゃないか?

慶応大学もたぶん在日の学生かバ韓国あたりの留学生が怪しい。

三田・日吉・藤沢の街も殺伐としてきた・・・

« 「毒男は危険!」を煽る創価の手先のバカテレビ・警察・防犯パトロール。 | トップページ | 千原が片山先生を脅迫・恐喝!ついに本性を出した「吉本興業」 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/45425709

この記事へのトラックバック一覧です: 河本も問題だが、投資詐欺の慶応大生も問題。:

« 「毒男は危険!」を煽る創価の手先のバカテレビ・警察・防犯パトロール。 | トップページ | 千原が片山先生を脅迫・恐喝!ついに本性を出した「吉本興業」 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ