フォト

« 二股騒動の富永愛、反原発のグリーンピースの犬「山本太郎」と親密だった。 | トップページ | 今度は「竜巻」で煽る在日馬鹿のテリー伊藤。 »

2012年5月 7日 (月)

自分のケツに火が付いたのかバカズラが原発で突っ込めない。

事件事故の多かったゴールデンウィークが終わり、けさ7日(2012年5月)の「とくダネ!」はひょうや竜巻、雷など異常な気象と災害の報道に時間を割いて、北海道電力・泊原発3号機が止まって国内の原発が全部停止したというニュースはわりとひっそりと伝えられた。出演者からは、夏の電力不足や再稼働問題について、どちらかといえば産業経済(新聞)的なコメントが聞かれた。

「短期的な問題と将来的な問題を分けて議論」

   「需給についての議論はあるが、この夏に限っていえば、ニッポン全体で足りないことは事実。短期的な問題と将来的な問題を分けて、冷静な議論をきちんとしていきたいと思いますね」(夏野剛・慶応大学特別招聘教授)

依存地域のことも…

   以前、原発再稼働の容認を示唆したとも取れる曖昧な発言で、ごく一部の話題となった司会の小倉智昭は、「地方の経済は原発に依存している地域もありますし、そういうことも含めて考えていかないとダメでしょうね」とだけ述べた。

   それにしても、言いたい放題のコメンテイター陣(番組EPGより)をそろえてるはずのこの番組にしては、回りくどい言い方ばかりだ。このまま原発を廃せよとか、原発を再稼働しろといったゼロ・イチな、明快な主張は聞かれなかった。

J-CASTより引用

夏のクソテレビ放送休止やウジの「27時間」や偽善の「24時間」も槍玉にあがってる、クソテレビも原発が再稼動してくれない日には「放送休止」どころか「放送廃止」までなりかねない。

事実自分の家はテレビは「見ない・買わない・受信しない」の非テレビ三原則を貫いてテレビは破壊した、非テレビで5年目に突入した。

バカズラも自分の首が危ういから原発批判ができなくなった。

« 二股騒動の富永愛、反原発のグリーンピースの犬「山本太郎」と親密だった。 | トップページ | 今度は「竜巻」で煽る在日馬鹿のテリー伊藤。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/45168185

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のケツに火が付いたのかバカズラが原発で突っ込めない。:

« 二股騒動の富永愛、反原発のグリーンピースの犬「山本太郎」と親密だった。 | トップページ | 今度は「竜巻」で煽る在日馬鹿のテリー伊藤。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ