フォト

« 病院VSカスゴミの仁義なき戦い!自分は病院を援護射撃してカスゴミを叩き潰す! | トップページ | 品のないカスゴミの根底。 »

2012年4月25日 (水)

流石に精神障害馬鹿の高木美保も電力危機はわかっているみたいだ。

福島第一原発事故前のワイドショーでは、原発の危険性や必要性などといったことはほとんど口の端に上らなかった。いまや原発は危険なばかりか不経済で不要であり、原発がなしでは「電力不足」に陥るなどという話も、電力会社の息がかかった連中が、原発利権を守るための方便、演出ではないか――といったことが頻繁に話されている。

第三者機関が「夏に大幅な電力不足と予想している」

   今朝(2012年4月25日)の「とくダネ!」では、コメンテイターの高木美保(タレント)が「政府が原発再稼働を急ぐ理由のひとつは、再稼働しないで夏を乗り越えられたら、原発不要論が出てきて困ると――そういう人が、政府・民主党議員のなかにもいる」と発言した。

不要論困る人たち

   これを聞きとがめたのが司会の小倉智昭。第三者機関が夏の大幅な電力不足(とくに関西電力)を予想していると指摘。「間に合うと言ってる専門家もいる」と言う高木に対して、オグラは「それ、結論は出ないんだよね。本当のところはわかんないから」と苛立ちを見せた。日本経済新聞を読み込む経営経済ツウのオグラとしては、電力が足りると思って足りない場合の日本経済・社会への影響を深く憂慮しているようだ。

   「日本に原発が合わないのはわかる」と言う一方で、「(将来はともかく)当座の電力をどうするのか、本当に足りるのか。コレが一番の死活問題だと思うんだよね」「各企業の努力などで、電力が足りるのかもわからない。でも、あくまで『かも』ですから。そこが悩ましいところ」などと話していた。

J-CASTより引用

今回は流石に「電力危機」が叫ばれている、BROGOSでも「テレビ休止論」まで飛び出す始末、自分はいっそのこと「テレビ全廃」までやらなければ電力危機は乗り切れない。

精神障害馬鹿の「高木美保」まで流石に今回の「電力危機」はわかったみたいで、原発不要論に苦言を申した、精神障害馬鹿でも電気は必用なのはわかってるみたいだ。

高木美保みたいな馬鹿でもわかるのにこのバカズラはわからないみたいだ。

有害情報だけ垂れ流す「テレビ」はこの際捨てて電力危機を乗り切ろう!

« 病院VSカスゴミの仁義なき戦い!自分は病院を援護射撃してカスゴミを叩き潰す! | トップページ | 品のないカスゴミの根底。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/45022399

この記事へのトラックバック一覧です: 流石に精神障害馬鹿の高木美保も電力危機はわかっているみたいだ。:

« 病院VSカスゴミの仁義なき戦い!自分は病院を援護射撃してカスゴミを叩き潰す! | トップページ | 品のないカスゴミの根底。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ