フォト

« 警察と教頭の「守秘義務」違反の大犯罪!警察・公立学校はやはり極左・創価・在日の巣窟。 | トップページ | もう完全に三流週刊誌のクソ記事しかいえなくなった武田邦彦、武田邦彦いるだけで腹が立つから死ね! »

2012年4月27日 (金)

今度は漁業関係者に風評被害を与える武田邦彦。武田邦彦大至急死ね!

原発事故から1年あまりがたち、サカナの汚染はやや減少してきたものの、やはり海ですからすぐになくなっていく訳でもありません。

汚染全体は太平洋側の神奈川沖から北海道までにひろがっていて、さらにハワイの方までいっています。日本の原発の事故のために外国の人まで心配をかけていることを原発再開などと考え合わせて、日本人の誠意を示したいものです。

人間には最低限の誠が必要です。自動車を運転して大きな事故を起こしたら、自分は少し不便でもしばらく運転を自重するのが当然で、夏のクーラーをかけられないから、事故原因もハッキリしないのに原発の運転を再開することが議論されていること自体、恥ずかしいことです。
Bandicam_20120426_200735113_3




ところでサカナの汚染ですが、この表(水産庁データ)に見られるように2月頃まで福島沖のサカナは1キロあたり50ベクレルから1500ベクレルととても食べられる状態ではありません。1キロ40ベクレルが本当の意味での汚染の限度ですからまったくダメです。(表をクリックすると少し見やすくなります)
Bandicam_20120426_200316437


福島の浜通りを中心とした川魚では2万ベクレル近いもの(安全限度の500倍)というものもあります。川魚は福島ばかりではなく、かなり遠くに離れた川のサカナも汚染されています。

これは川は塩水ではないので、元素不足になりがちなので、サカナは体に元素(たとえばセシウムやストロンチウム)を取り込みやすいのです。まだ川魚は避けた方が良いでしょう。
Bandicam_20120426_200433846


北海道の太平洋側はかなり良くなってきました。この表ではわずかですが汚染されている状態ですが、この1ヶ月ほど前はマダラが31ベクレルでしたから、まだ警戒する方が良いと思います。特に数10ベクレルという数値は子供には食べさせたくないところです。
Bandicam_20120426_200122572


最近の割合良い状態で、銚子沖で10から30ベクレル程度とやや良くなってきています(まだ子供は注意)。しかし、セシウムはある程度わかっていても、サカナの骨にたまるストロンチウムはほとんど測定されていません。

カルシウムを取るために小魚を食べる人もいますが、ストロンチウムはカルシウムと性質が似ているので、サカナの骨にたまり、人間の骨に移って白血病の原因になります。さらにややこしいことは生ゴミが燃やされるとストロンチウムが空気中に飛散することです。

もともと原発ではセシウムとストロンチウムがそれぞれ6%ずつできますが、セシウムは揮発しやすいので大気中にでて、ストロンチウムは海にでるはずなのですが、測定値は低いという問題点があります。

結論としては、やはり神奈川沖から北海道太平洋沖までのサカナはもう少し様子をみること、川魚、海藻、貝類も避けた方が良いでしょう。

BLOGOSより引用

今度は漁業関係者に風評被害ですか、これもクソ環境テロリストのグリーンピースのデーターを引っ張り出してきて。

グリーンピースと武田邦彦の悪のコラボだな。

武田邦彦大至急死ね!

« 警察と教頭の「守秘義務」違反の大犯罪!警察・公立学校はやはり極左・創価・在日の巣窟。 | トップページ | もう完全に三流週刊誌のクソ記事しかいえなくなった武田邦彦、武田邦彦いるだけで腹が立つから死ね! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/45047324

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は漁業関係者に風評被害を与える武田邦彦。武田邦彦大至急死ね!:

« 警察と教頭の「守秘義務」違反の大犯罪!警察・公立学校はやはり極左・創価・在日の巣窟。 | トップページ | もう完全に三流週刊誌のクソ記事しかいえなくなった武田邦彦、武田邦彦いるだけで腹が立つから死ね! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ