フォト

« 自殺者まで出してなんとかしたかったオリンパスの株主総会。 | トップページ | 環境テロとテレビの極悪コラボ!まさに悪の枢軸! »

2012年4月25日 (水)

これでも「少年法」で守る気なのか!この馬鹿どもを89式で蜂の巣にしてやりたい!

「いってきます」-。いつものように笑顔で出かけた家族が帰宅することは二度となくなった。京都府亀岡市で集団登校の児童の列に車が突っ込み、保護者や児童が死傷した事故。亡くなった松村幸姫さん(26)は妊娠中で今夏に出産予定だった。また、通学途中だった同市立安詳小2年の小谷真緒ちゃん(7)も快活で笑顔の絶えない子供だったという。かけがえのない人たちの命を一瞬で奪った少年らの無免許運転。無責任極まりない行動に、遺族らは「絶対に許せない」と行き場のない怒りをぶつけた。

 ■妻は目の前で意識が薄れていった

 遺族によると、松村さんは妊娠7カ月で、7月末には3人目の子供を授かる予定だった。松村さんの兄(28)は「最近、今度生まれる子供が女の子だと分かったばかりだった。上の子供は女の子2人なので、『3姉妹やなあ。健康で育ってほしいなあ』と幸せそうだった」と振り返った。

 地元の高校を卒業し、歯科助手として働いていた松村さん。結婚後も仕事は続け、育児と両立させていた。事故にあったこの日も、今回の事故で重傷を負った娘(6)を学校へ引率する途中だった。ところが、突然の事故は、松村さんとおなかにいた胎児の命も一瞬にして奪い去ってしまった。

 「病院で、妻の意識が薄れていくなか、『頑張れ』と声をかけることしかできなかった」と無念の表情を浮かべた松村さんの夫(28)は、「妻はいつも、家族のことを考えてくれる優しい女性。おなかの中の子供のことも、『また女の子だね』などと言い合いながら、名前を考えたりした」と話し、「何の罪もない人間が殺され、許せるはずがない」と怒りをあらわにした。

ライブドアニュースより引用

死んで償えと言いたい!これでもこの馬鹿どもを弁護する左翼弁護士がいると思うと腹が立つ!

許されるならこの馬鹿どもを89式で蜂の巣にしてやりたい!

« 自殺者まで出してなんとかしたかったオリンパスの株主総会。 | トップページ | 環境テロとテレビの極悪コラボ!まさに悪の枢軸! »

ニュース」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/45016280

この記事へのトラックバック一覧です: これでも「少年法」で守る気なのか!この馬鹿どもを89式で蜂の巣にしてやりたい!:

« 自殺者まで出してなんとかしたかったオリンパスの株主総会。 | トップページ | 環境テロとテレビの極悪コラボ!まさに悪の枢軸! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ