フォト

« やはり「反原発」の病気は悪化してるな「武田邦彦」、武田邦彦!日本のために死ね! | トップページ | 秋葉の加藤になったてんかん暴走事件 »

2012年4月14日 (土)

週刊実話がマトモにフジデモの本を取り上げてくれた。

フジテレビに対するデモ攻撃を、克明に描いたドキュメント本が予想外に売れている。
 『フジテレビデモに行ってみた! 大手マスコミが一切報道できなかったネトデモの全記録』(青林堂)で、著者はライターでアニメ評論家でもある古谷ツネヒラ氏。
 1月に発売され、2月から3月にかけてアマゾン・の「本部門」では2000位台に入り、しばらく落ちることはなかった。まずまずのヒットといっていい。
 内容は『韓流ゴリ押し反対デモの「その時」』、『フジテレビは一体何をしたのか』などのほか、デモ参加者へのインタビューなども掲載されている。

 こうした本が売れている現象は、何を意味するのか。
 それは「韓流押し」を続けるフジの居直り、横柄さに反発する視聴者がいかに多いかを表しているといってよかろう。つまり、デモには行きたかったが、参加できなかったアンチが、同時体験したいためにその本を買ったと見ていい。
 また、国益に反する動きをしているフジに対する拒絶反応が蔓延しているともいえる。
 本を買うことで著者の意見に賛同するとともに、フジの姿勢を問う拒絶派が大勢いるというわけだ。

 経済産業省は現在、日本の文化を海外に輸出するクール・ジャパン運動を展開しているが、フジの行動はそれに逆行している。韓国政府の言いなりになって、韓国の音楽や映画ばかり輸入し、これには多くの日本人がクビを傾げている。
 「国家をあげてのクール・ジャパン運動に協力しないとはどういうことでしょうか。4月に入ってからは『とくダネ!』等に韓国のグループ・ビッグバンを出すなどフジはあまりにも韓国カラーに染まっています。どこの国のテレビ局なのか、と疑問に思っている視聴者は多い。だからフジは観ない、という人が急増している。その結果、視聴率戦争で、年間・年度と2部門において日テレに三冠王を持っていかれた。当然の結果でしょう」(テレビ関係者)

 もっともフジは「韓流ドラマは視聴率が取れるし、韓流出身のアーティストは人気があるので放送しているだけ。単にビジネス優先にすぎない」とどこ吹く風。
 だが、デモを起こされることがどういうことかを真摯にとらえるべきだ。
 フジ・バッシングはまだまだ続く。

週刊実話より引用

普段は下種な記事しかない「週刊実話」が今回だけは「フジデモ」を取り上げてくれた、さすがに糞フジはだんまりこいているが糞フジやバ韓国が嫌いな奴が大勢いることが証明されてる。

もはやテレビなどのクソソフトなど誰も相手にしてない、ハードのテレビ受像機ですら量販店でたたき売りで「持って行け!ドロボー!」状態。

ハードの受像機をメインに作ってる「シャープ」「パナソニック」「ソニー」が大赤字で苦しみ、ソニーはテレビを切り捨てにかかる状態まで入ってる。

もはやレンタルソフト・デジタルビデオ・ゲームの再生画面しか用事が無い存在のテレビ。

フジテレビも風前の灯火です。

« やはり「反原発」の病気は悪化してるな「武田邦彦」、武田邦彦!日本のために死ね! | トップページ | 秋葉の加藤になったてんかん暴走事件 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/44879684

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊実話がマトモにフジデモの本を取り上げてくれた。:

« やはり「反原発」の病気は悪化してるな「武田邦彦」、武田邦彦!日本のために死ね! | トップページ | 秋葉の加藤になったてんかん暴走事件 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ