フォト

« 鶴見川沿いの「三色旗」の家と「集団ストーカー」ヘリコプター | トップページ | 容易に儲かる話は世の中に無い!騙される奴が悪い! »

2012年3月 3日 (土)

池田も嘘つきだがその前の戸田も嘘つきだった「創価学会」、さすが嘘が得意な宗教である。

 創価学会という宗教団体と池田大作というカリスマ指導者に迫る週刊ポスト連載の『化城の人』。ノンフィクション作家の佐野眞一氏は、二代目会長・戸田城聖の改名についてこう記している。(文中敬称略)

 * * *
 戸田は、十七歳で桜桃と改名したのを皮切りに、晴通、雅皓、博方、城外と改め、戦前は城外で通した。

 だが、戸田のその改名癖を言い立てようと思って手記を引用したわけではない。

 ここで言いたいのは、戸田が改名に際して姓名学の大家に借金までして大枚の鑑定料を払い改名していることである。

 戸田は創価学会の会長になってから「姓名判断や八卦みたいなものは、人生を幸せにするわけがない」と、学会員たちに断言したが、そう言った本人は姓名判断に凝って、何度も改名しているのである。
 
 こういう人間をふつう「二枚舌」とか「山師」という。インチキ宗教家ならいざ知らず、創価学会のような巨大組織の会長には、およそふさわしからざるパーソナリティーである。

※週刊ポスト2012年3月9日号 NEWポストセブンより引用

さすがは嘘つきの「創価学会」だけなことはある、伝説の二代目の「戸田」も大噓つきであったこれはたまげた。

占いを馬鹿にしていたご自身が、占い師に大枚はたいて改名してたとはこれまたとんでもない嘘が発覚した。

池田大作も大森区役所(当時)のミスで本当は「太作」だったのが「大作」になってしまった事がある、創価は二代目も三代目も嘘と欺瞞で塗り固められている。

さすがは嘘が得意な教団で集団ストーカーもやってるくせに嘘をついてやっていません。

教祖自体嘘じゃしょうがないか。

« 鶴見川沿いの「三色旗」の家と「集団ストーカー」ヘリコプター | トップページ | 容易に儲かる話は世の中に無い!騙される奴が悪い! »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/44354726

この記事へのトラックバック一覧です: 池田も嘘つきだがその前の戸田も嘘つきだった「創価学会」、さすが嘘が得意な宗教である。:

« 鶴見川沿いの「三色旗」の家と「集団ストーカー」ヘリコプター | トップページ | 容易に儲かる話は世の中に無い!騙される奴が悪い! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ