フォト

« アマゾンのシナによる言論弾圧!アマゾン不買に走ろう! | トップページ | 日本陸連のイカサマまで発覚!本当にこれは「スポーツ」なのか?東京マラソン。 »

2012年3月 5日 (月)

在日企業「電通」がついにヲタクから金をむしり取る作戦に出た!

広告代理店大手の電通は3日、アイドルやアニメなどの熱狂的ファンである「オタク」を専門に研究するシンクタンク「オタクがラブなもの研究所」を3月中に設立することを明らかにした。オタク専門の研究機関は業界初という。オタクたちがメガヒットをいかにしてかぎ分けるのかを分析。「ヒットメーカー」としての感性を商品開発に反映させ、新たなヒットを仕掛ける狙いがある。

 研究所では、オタクの関心がどこにあるのかを定点観測。オタク研究の有識者ネットワークを構築するなどしてヒット商品の開発に生かす。

 オタクに対する世間のアレルギーも大幅に減っており、電通の調査では「自分をオタクと思うか」の質問に約38%が「そう思う」「そう言われる」と回答。狭い世界での流行がインターネットを通じて情報発信され、幅広い人々に受け入れられやすくなっていることもビジネスチャンスを生む背景になっている。

 確かに「オタクの聖地」とされる東京・秋葉原から火がついたAKB48は昨年、計6作品がミリオンセラーとなった。

 ビジネス書の「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」も女子高生のアニメ風イラストを表紙に採用したところ同ジャンルでは異例の発行部数270万部を記録、映画化されるまでになった。

 日本のアニメやアイドルのようなオタク関連分野は世界的にも評価が高い。電通の担当者は「オタクの嗜好(しこう)を説明・体系化できれば、世界的にヒットするメード・イン・ジャパン商品の開発も期待できる」としている。

gooニュースより引用

ついにバ韓国がゴリ押しが限界になったのか、在日企業の「電通」が今度はヲタクから金をむしり取る作戦に出た、いままではヲタクから金をむしり取るのは「パチンコ屋」の役目だったが電通が入って来るのはやはりヲタク市場に巨額のマネーが動いてるからだ。

電通介入で秋葉原が危険!

« アマゾンのシナによる言論弾圧!アマゾン不買に走ろう! | トップページ | 日本陸連のイカサマまで発覚!本当にこれは「スポーツ」なのか?東京マラソン。 »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パチンコ・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/44372314

この記事へのトラックバック一覧です: 在日企業「電通」がついにヲタクから金をむしり取る作戦に出た!:

« アマゾンのシナによる言論弾圧!アマゾン不買に走ろう! | トップページ | 日本陸連のイカサマまで発覚!本当にこれは「スポーツ」なのか?東京マラソン。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ