フォト

« フェイスブックやトラックバックしつこく詐欺るアフリエイト。 | トップページ | 機長の意地と責任を踏みにじる、馬鹿左翼の「週刊金曜日」。 »

2012年3月23日 (金)

「精神注入棒」をやる教員がいたとは、自分は「精神注入棒」賛成!

北海道小樽市の小樽工業高校の男性教諭3人が生徒計45人に対して約2年半にわたり、竹刀で叩いたり腕立て伏せをさせるなどの体罰を加えていたことが22日、分かった。3人のうち、科学研究部顧問の教諭(41)は、部活動で製作するロボットの手足の材料になるアルミ製パイプで尻を叩いていた。

 北海道教育委員会と小樽工によると、体罰を行っていたのは37歳、41歳、49歳の3人の男性教諭。同高は共学校だが、対象となったのは1~3年の男子生徒で、女子は含まれていなかった。

 期間は昨年12月までの約2年半。それぞれの教諭は、授業や補習の際に忘れ物をしたり、遅刻してきた生徒に対し、言葉で説教した後に罰として竹刀で尻を叩いたり、げんこつをしたり、平手で背中を叩くなどした。また、正座をさせたり、運動部員に対して30回の腕立て伏せを命じたりするケースもあった。幸いにも、けが人はなかった。

 科学研究部の顧問を務める41歳の教諭は、部活動で製作するロボットの手足の材料にする予定だったアルミ製パイプを使って尻を叩いていた。伸縮性のパイプは最長で80センチ程度になり、直径約20ミリ。本来は積もった雪を自動車などから落とすためのものだったが、ブラシ部分が壊れて使用不能に。その後、教諭自身が「これは(ロボットに)使えるかも」と思い立って学校に持ち込んだものだった。

ライブドアニュースより引用

まさに「精神注入棒」や自衛隊お得意の罰「腕立伏せ」をやる先生がいたとは・・・

このぐらいやらないと今のガキは言うこと聞かないからな。

学校には「精神注入棒」を置いて、日教組の馬鹿教員や言うことを聞かないバカガキに「愛国精神」を注入しよう!

« フェイスブックやトラックバックしつこく詐欺るアフリエイト。 | トップページ | 機長の意地と責任を踏みにじる、馬鹿左翼の「週刊金曜日」。 »

保守・救国活動・反左翼。」カテゴリの記事

保守政治・正論。」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/44599831

この記事へのトラックバック一覧です: 「精神注入棒」をやる教員がいたとは、自分は「精神注入棒」賛成!:

« フェイスブックやトラックバックしつこく詐欺るアフリエイト。 | トップページ | 機長の意地と責任を踏みにじる、馬鹿左翼の「週刊金曜日」。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ