フォト

« ジャンヌ・ダルクは愛国の士!国を思わない奴にジャンヌ・ダルクを名乗るな! | トップページ | 性病蔓延・家庭崩壊を推進する「婦人公論」 »

2012年2月14日 (火)

裁判で出た「集団ストーカー」、混沌とする引寺裁判

広島県のマツダ工場で平成22年6月、侵入した乗用車が社員を次々にはね、1人が死亡、11人が重軽傷を負った事件で、殺人罪などに問われている同社の元期間従業員、引寺利明被告(44)の裁判員裁判が14日、広島地裁(伊名波宏仁裁判長)で開かれ、証人尋問中に引寺被告が証人の元同僚の男性に向かって怒声を上げるなどし、裁判が中断する場面があった。

 これまでの公判で、引寺被告は事件の動機として「マツダの従業員の集団ストーカー行為があった」と主張。この日は引寺被告の主張について調べるため、引寺被告が「首謀者」と訴えている元同僚の男性の証人尋問を行った。引寺被告を弁護側の席に座らせ、両脇に3人の刑務官を配置。男性と隔離する形で行われた。

 男性は引寺被告と同社の入社式で出会ったが、特に接点はなかったと証言。「集団ストーカー行為はなかった。そういう風には見えない」と否定すると、引寺被告が「嘘をつけ」などと大声で怒鳴り、手元にあったペンを投げつけたため、伊名波裁判長が裁判を中断した。

 再開した後も引寺被告は「裁判員からの質問が聞きたい」などと発言した。

ライブドアニュースより引用

裁判長の「集団ストーカーは無かった」の発言で引寺被告がキレた、このことで事件はますます混沌としてきた。

この裁判で「集団ストーカー」が公の場に出てるので注目しよう。

« ジャンヌ・ダルクは愛国の士!国を思わない奴にジャンヌ・ダルクを名乗るな! | トップページ | 性病蔓延・家庭崩壊を推進する「婦人公論」 »

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/44118403

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判で出た「集団ストーカー」、混沌とする引寺裁判:

« ジャンヌ・ダルクは愛国の士!国を思わない奴にジャンヌ・ダルクを名乗るな! | トップページ | 性病蔓延・家庭崩壊を推進する「婦人公論」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ