フォト

« 指名手配のハジキを持ったチョンジジイ!この顔にピン!ときたら110番。 | トップページ | 飽きられて血祭りに上げられるAKB、前田敦子から手始めか? »

2012年2月15日 (水)

マツダも茶髪の男も裁判所も「集団ストーカー」を隠してるのか?

広島県のマツダ工場で2010年、従業員12人が車にはねられ死傷した事件で、殺人などの罪に問われた元期間従業員引寺利明被告(44)の裁判員裁判の公判が14日、広島地裁(伊名波宏仁裁判長)であった。期間従業員として同工場で働いた男性の証人尋問などが行われたが、引寺被告の不規則発言で公判が一時中断した。

 引寺被告は、「茶髪の男」やその仲間からの嫌がらせや集団ストーカー行為を容認したマツダへの憎しみが事件の動機だったと主張している。

 検察側証人として、引寺被告が「茶髪の男」とする男性が出廷。男性は、入社式や研修に被告と一緒に参加したと証言する一方で、「被告と直接話したことはなかった」「集団ストーカーはなかったと思う」と述べた。

 引寺被告は突然立ち上がり「ごまかすな」などと怒鳴って男性に詰め寄ろうとし、刑務官に取り押さえられた。また態度を注意した裁判長に対しても「この裁判は茶番ですかね。やめちまえ」と言ってペンを床に投げ付けたりし、公判は約20分間にわたり中断した。

gooニュースより引用

なんだか「マツダ」「茶髪の男」「裁判所」が集団ストーカーを隠蔽工作してる感じがする、もし裁判で「集団ストーカー」が明らかになれば「創価学会」「統一教会」「既存キリスト教会」は追い詰められる形になる。

引寺被告が怒鳴ったのがわかる、この裁判も自分から見ると「集団ストーカー」隠蔽の茶番劇なのか?

« 指名手配のハジキを持ったチョンジジイ!この顔にピン!ときたら110番。 | トップページ | 飽きられて血祭りに上げられるAKB、前田敦子から手始めか? »

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

集団馬鹿達は、ターゲットの人権を無視し続けたり、嫌がらせや迷惑行為を繰り返したり、ターゲットの言った事を嫌味や当て付けがましく悪い方に結びつけたりする事を遊びと表現する馬鹿さ下限を知らない人達、悪性悪癖な人格障害や虚言症、低いレベルの固定観念、思考力思想のズレなどが一生治らない人達です

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/44125931

この記事へのトラックバック一覧です: マツダも茶髪の男も裁判所も「集団ストーカー」を隠してるのか?:

« 指名手配のハジキを持ったチョンジジイ!この顔にピン!ときたら110番。 | トップページ | 飽きられて血祭りに上げられるAKB、前田敦子から手始めか? »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ