フォト

« シナ人留学生を日本から叩き出せ!シナ・チョンは100%犯罪者 | トップページ | 反日女優の「クソ・テヒ」を化粧品のCMに使うロート製薬を許さないぞ!ロート製薬を叩き潰すぞ! »

2012年2月29日 (水)

週刊「東洋経済」の編集長も痴漢冤罪で社会的抹殺か!?暗躍する反日左翼とそれに絡みつく「集団ストーカー」部隊。

経済誌『週刊東洋経済』の編集長が、痴漢容疑で逮捕されたのは2月17日金曜日の夜11時過ぎのことだった。

 JR京浜東北線に乗った三上直行編集長(46歳)が、品川駅と大森駅の間で20代と30代の女性のお尻を触ったというのだ。金曜夜の京浜東北線の下りといえば、車内はギュウギュウ詰めである。報道によると、同じ車両に居合わせた乗客が三上編集長を取り押さえ、大森駅で警察に引き渡したとある。

 ここだけ切り取れば、社会的地位のある人物の痴漢事件である。ところが、少し気になることがある。それは逮捕される4日前の月曜日に発売された2月18日号の『週刊東洋経済』の特集記事だ。

「東京電力 偽りの延命」――、40ページを使った大特集では、「なし崩しの東電救済」「抵抗する東電」「原発コスト8.9円の『ウソ』」など、東京電力に対しての痛烈な批判記事を展開している。

 このタイミングのよさ。『週刊東洋経済』へ幾度となく寄稿している、ある経済評論家がこう話す。

「東洋経済と関わっている仲間内で、三上さんは刺された(ハメられたという意味)んじゃないかと噂されています」

 痴漢をでっち上げて、ある人物、もしくは所属している組織の社会的信用を失墜させる。そんなことが現実にあるのか? 関西方面で活動している、ある探偵会社の社長が“痴漢をつくる”方法についてこう明かす。

「痴漢のでっち上げを半ば専門にやっている業者はいます。メンバーには女性がいて、登録制になっていて比較的若い女性が多い。被害者役の女性はターゲットとほどよい距離を保ちつつ、電車が来たら同じ車両に乗ります。実際には触っていなくてもいいんです。被害者役の仲間の男性が近くにいて騒ぎ立て、ターゲットを取り押さえるんです。それを見た同じ車両の周囲の人は、ターゲットが痴漢をしたと思い込んでしまいます」

 やってなくてもダメなのか……。

「痴漢でっち上げの目的は、ターゲットがやったかどうかは関係なく“逮捕”なんです。それでアウトです。会社ではもうやっていけません。今回の編集長のように『酒を飲んでいて覚えていない』と容疑を否認しても、『酒を飲んで痴漢したかどうか覚えていない人の言うことなど信じられない』と言われてしまいますからね」

 三上編集長を知る、あるジャーナリストがこう話す。

「三上さんはまじめな人ですよ。痴漢なんてするような人ではないと思います。ただ、三上さんの人となりは別として、今回の東洋経済の特集が東電を刺激して、東電が後ろから手を回すかというと、それはリスクが大きすぎるように思います。確かに、今は東電にとって微妙な時期です。国有化の交渉をやっている最中ですからね。それに東電は、飲んで食って金を使って相手を取り込むということはやりますけど、強引に誰かを陥(おとしい)れることはないのでは」

 今回の痴漢事件の真相はわからない。しかし、雑誌や新聞などで企業や組織、政府に対して批判記事やスクープを飛ばすときには、身辺に対して細心の注意が必要なのかもしれない。本誌でも連載を持つ自由報道協会代表の元ジャーナリスト、上杉隆氏も、以前から自分の身を守るために注意を払っているという。上杉氏の本誌連載担当がこう話す。

「上杉さんは、約2年前の検察報道のときに東京地検から呼び出しを食らった前後から、法務省の人に直接、『ひっかけられるなよ』とアドバイスを受けたようです。その内容は『駅のホームでは女性と男性ふたりの3人いれば、ハメるのに十分だ』と。電車内である必要すらなく、駅の構内で女の人が『キャー!』と叫んで、残りの男が上杉さんの腕をつかんで、もうひとりが『あいつです』と言えば出来上がりだと。その忠告を受けて以来、上杉さんは電車に乗るのをやめています。当初はタクシーで移動して、その後は車を買いましたからね。移動はすべて車。お酒もその日から、都内近郊ではいっさい飲んでないですね。いつもノンアルコールビールですし。あと、新幹線のホームでは柱を背後にして、両手に荷物を持つようにしているそうです」

週プレニュースより引用

珍しく真面目な週刊誌「東洋経済」の編集長が痴漢冤罪をかけられてあわや「社会的抹殺」をされそうになった、東洋経済は相当「東京電力叩き」をやっていた。

しかしこの痴漢園冤罪を仕掛けたのは「東京電力」ではないと考える、東京電力自体反論に答えられる体力もクソもないからだ、街を歩けば「人殺し!」「税金泥棒!」「ろくでなし!」と東電社員に罵声や石が飛んでくるありさまだ。

考えられるのは「シナ・チョン」を主体とした反日左翼工作員だ、経済的に侵略しようとするシナ・チョンが創価・統一・既存キリスト教会の集団ストーカー要員が真面目な経済誌である「東洋経済」を、経済的・社会的に破壊する工作に打って出た。

こうやって正しい情報を潰す工作をしてる。

捕らえられたのが「大森駅」なのがまた怪しい、大森・蒲田の両警察署は噂に名高き「創価警察」である、大森駅で引き渡せば創価警察の大森署が出てくるから工作には都合がいい。

やはりこの事件も創価・統一・反日左翼が仕掛けた集団ストーカー、社会的抹殺工作。

« シナ人留学生を日本から叩き出せ!シナ・チョンは100%犯罪者 | トップページ | 反日女優の「クソ・テヒ」を化粧品のCMに使うロート製薬を許さないぞ!ロート製薬を叩き潰すぞ! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

国防・中国の脅威。」カテゴリの記事

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/44306966

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊「東洋経済」の編集長も痴漢冤罪で社会的抹殺か!?暗躍する反日左翼とそれに絡みつく「集団ストーカー」部隊。:

« シナ人留学生を日本から叩き出せ!シナ・チョンは100%犯罪者 | トップページ | 反日女優の「クソ・テヒ」を化粧品のCMに使うロート製薬を許さないぞ!ロート製薬を叩き潰すぞ! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ