フォト

« シナに逃げていた「野口美佳」まだ生きていたのか・・・ | トップページ | 週刊実話がきちんといい記事を出した! »

2012年1月17日 (火)

「宣伝」!と堂々と書いて名を名乗るこそ「ステマ」にならずに済む。

金品をもらって書いてますよということを明示しておく。これで読者は普通の記事ではないんだという目で記事を読む。

新聞協会のルールは、「媒体」としての信用を護るためでもある。新聞の価値は、基本的に記事の信頼にある。タテマエとして新聞の記事は正しいものだとして、購読者は読む。そこにこっそり宣伝を紛れ込ませることは、彼らの倫理観として許容できないし、購読者も納得しないだろうと。そういったことのために、誰が読んでも広告にしか見えない「記事っぽいもの」にも、全部「PR」のような文字が入っている。そうやって区別することが、新聞としての矜持なのだ。

どんだけ新聞が腐っていようと、このことだけは曲げていない。そこで中学生は「じゃあ偏向報道はどうなんだ」とか言うだろうけど、あれは新聞社の普段の企業活動から出てきた「方針」とか「文化」を背景としたもので、どこかから「そーゆーPRしてよ」とか言われてやっているものじゃない。

メディアの先達たる新聞様がそうやっているのだから、我々ネット雑文士もそれに倣って、「誰かに便宜を図ってもらったから書いたエントリ」にはその旨を明示するようにしたら良いのではなかろうか? 実は既に新聞系サイトや新聞子会社系サイトでは、そのようにやっているところもいくつかある。ブンヤ上がりのブロガーでも、そういった書き方をしている人もいる。

「ネットには嘘もいっぱいあるんだよ」というリテラシーも大事だけど、そういった「裏のある」エントリを明示するだけで、ずいぶんとネットの情報の信頼度を上げることができる。だって、賢明な情報強者様は、一次情報に当たるのが基本だろ。プレスリリースと同時にPR記事が出たら、そっちも読みに行くよね。ここに「PR」って書いてあれば、「これはリリース元と正規の契約で得られた情報で書かれているな」ということがわかる。「日経の一面記事」よりは信用出来るなってことがわかるはず。

ライブドアニュースより引用

偏向報道は別としてブログやSNSで堂々と「これは○○社の宣伝!」と名乗っておけば「ステマ」にならずにすむ。

社会に出た時電話に出たら「会社名・所属部署・肩書き・氏名」を名乗るものだ、自衛隊でも不明なものに対し誰何に答えないと即刻銃殺である、正当な理由があれば自ら名を名乗るが常識だ。

このブログが悪口や罵詈雑言が多いのもステマにならない工夫だ。

ブロガー招待でも「この記事はココログのブロガー招待」で書きましたと書けばステマにならない、自ら名を名乗るのが「ステマ」にならない工夫だ。

« シナに逃げていた「野口美佳」まだ生きていたのか・・・ | トップページ | 週刊実話がきちんといい記事を出した! »

カスゴミ・電通・朝鮮学会。」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43775442

この記事へのトラックバック一覧です: 「宣伝」!と堂々と書いて名を名乗るこそ「ステマ」にならずに済む。:

« シナに逃げていた「野口美佳」まだ生きていたのか・・・ | トップページ | 週刊実話がきちんといい記事を出した! »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ