フォト

« my日本ではびこる馬鹿陰謀論! | トップページ | そうまで「傑作」を撮りたいのか?規則は規則。 »

2012年1月27日 (金)

引地事件がなぜかスポーツ紙の社会面に?隠蔽工作か?

本日付の『日刊スポーツ』社会面で、
マツダ工場(広島県)での無差別殺人の裁判の記事が掲載されていました。
被告人陳述で『集団ストーカー』という言葉が初めて登場しました。

『同僚の集団ストーカー行為がなければ、この事件は起こしちゃおらん!』という供述をしたそうです。

残念ながら弁護人もこの言葉には疎いようで『妄想に支配されていた』で片付けてしまい
『心神喪失』として無罪を主張しています。

my日本メッセから引用

通常の新聞ではなくスポーツ新聞というのがどうも隠蔽工作臭い、言っては悪いがスポーツ新聞の読者層はB層が多く記事にも信頼性にかける。

その上「集団ストーカー」に疎い弁護士が漬けられたのもなんだか怪しい、橋下が公明党と選挙協力関係になったから「集団ストーカー」のニュースを流されると、公明党の母体である創価学会の集団ストーカーもばれてしまうからである。

集団ストーカー被害者も「電磁波」だとか「ハイテク」だとか、しまいには3・11人工地震説のコシミズまで引っ張り出してくるから余計こじれる、創価がそこまで利口ではないと否定すると今度は「ユダヤ」とか「イルミナティ」とか馬鹿陰謀論まで飛び出す。

オリンパスの一件から始まったブラック企業の嫌がらせによる退職の実態が明るみに出てる、そこには詳しく「ガスライティング」始め嫌がらせの実態が書いてる。

創価はそうゆう面が異常に長けている上、集団で徹底的に、周りも巻き込むからあまりにも強大に見えて「電磁波」「ハイテク」を疑ってしまう。

マツダの事件の裁判の行方に注目だ。

« my日本ではびこる馬鹿陰謀論! | トップページ | そうまで「傑作」を撮りたいのか?規則は規則。 »

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43887472

この記事へのトラックバック一覧です: 引地事件がなぜかスポーツ紙の社会面に?隠蔽工作か?:

« my日本ではびこる馬鹿陰謀論! | トップページ | そうまで「傑作」を撮りたいのか?規則は規則。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ