フォト

« ザ・ボディショップは環境テロ団体「グリーン・ピース」支援!不買決定! | トップページ | 似非保守「橋下」VSキチガイヤブ精神科医「香山」の醜い争い。 »

2012年1月23日 (月)

日立もテレビから撤退!さらば「キドカラー」!

日立製作所は1月23日、薄型テレビ事業の再編を発表した。1956年にスタートしたテレビの自社生産は9月末までに撤退し、今後は海外メーカーに生産を委託し、収益性を向上させる。

 唯一の生産拠点だった日立情映テック(岐阜県美濃加茂市)でのテレビ生産を9月末までに終了。中国など海外のEMSに生産を委託し、自社ブランドでのテレビ販売は続ける。

 テレビ事業の統括は日立コンシューマエレクトロニクスから日立コンシューマ・マーケティングに移管し、営業主導型の運営とする。日立コンシューマエレクトロニクスは薄型テレビや映像機器に活用可能な技術開発を続ける。

ライブドアニュースより引用

オオハシ鳥のマスコットと「ポンパ」の愛称でキドカラーと親しまれた日立のカラーテレビ、現在では「WOOO」の愛称がついてる、大阪の「通天閣」にも日立のネオンが燦然と輝いている。

日本の家電を牽引してきたテレビも今やお荷物部門となり、ソフト同様ハードも「いらない子」扱いになってる各メーカーも渋々生産をしてるのが現状だ、あの「キヤノン」ですらテレビへの進出がこけたぐらいだ。

日立・東芝・三菱は重電部門があるからテレビは添え物だが、家電を中心としたパナがテレビの「いらない子」化に頭を抱えている。

かつてはテレビは家電の王様だったがいまやいらない子。

« ザ・ボディショップは環境テロ団体「グリーン・ピース」支援!不買決定! | トップページ | 似非保守「橋下」VSキチガイヤブ精神科医「香山」の醜い争い。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43846189

この記事へのトラックバック一覧です: 日立もテレビから撤退!さらば「キドカラー」!:

« ザ・ボディショップは環境テロ団体「グリーン・ピース」支援!不買決定! | トップページ | 似非保守「橋下」VSキチガイヤブ精神科医「香山」の醜い争い。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ