フォト

« どうしてこうなった?あの反日の代表の「日教組」が反原発で議論 | トップページ | やはり「初音ミク」の人気は正しい!バ韓国のステマを欧米が見抜く! »

2012年1月30日 (月)

不法外人を支援するのは在日チョンとキリスト教!

不法滞在者の日本在留容認を呼びかけるのは某民族とキリスト教会とブサヨ(メモです)

摘発された不法滞在のベトナム人同士の偽装結婚事件で、生活保護の詐取も発覚して再逮捕……という事件に関してのメモです。
(後日、関連情報を確認しようと思っています)

ブログ「韓流研究室」
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1606.html
ベトナム人偽装結婚事件、生活保護不正受給も発覚


「タンさん」でぐぐったら、なんか、別の(?)不法滞在ベトナム人の在留許可を求める呼びかけをしているブログが検索に引っかかったのですが……


「サンブログ」
http://blog.goo.ne.jp/sanbinhho/e/5ce712117d539bab2c7f25c...
************************************
タンさん一家に在留資格をお願いします。
2006-09-03 14:22:35

タンさん一家に在留資格をお願いします。
私も応援しています。皆さん是非署名お願いします。署名用紙ないの方NGO外国人救援ネットのホームページから撮ってください。☆(署名用紙、支援ビラ、)この署名活動を応援していただける方は9月末に夜間中学校北分校に送ってください。
※送付住所:〒652-0816 神戸市兵庫区兵庫区永沢町4丁目3-18 神戸市立兵庫中学校北分校 西田恵介 教諭までお願いします。

現在タンさんの応援している呼びかけ人は以下に記入しています。
※呼びかけ人※
黒坂 文男(神戸市立兵庫中学北分校 教諭)
西田 恵介 (神戸市立兵庫中学北分校 教諭)
伊田 哲朗 (兵庫県立湊川高等学校 教諭)
與 建喜 (與鎮加工所)
金 正富 (與鎮加工所)
間野 静雄 (NGO神戸外国人救援ネット)
草 京子 (神戸市立丸山中学校西野分校)
************************************


與 建喜 (與鎮加工所)

金 正富 (與鎮加工所)



…………
なんか、明らかに日本人じゃないお名前です。
中国や台湾の方でも同じ漢字の苗字の方もいらっしゃるかと思いますが、やはり、某国系の民族の方なのではないか?と思います。

(他に、神戸の キリスト教会 も、在留許可を求める署名活動をしていたようです)

彼らは、なぜ、日本の法律を犯しておいてさらに在留を求める問題ある人物の主張を肯定し、法の下の平等を歪めようとするのか……?


問題の不法滞在者は、この與鎮(よしず)加工所という所で働いていたようです。


(神戸新聞)
http://www.kobe-np.co.jp/rensai/200706nihon/02.html
************************************
日本でハタラキタイ  -連載 まい・らいふ 第4部

2.ケミカル工場 (2007/06/02)
「オオカミのような目をしていた」

 日本から強制送還されたベトナム人のブ・ブェト・クンさん(20)は、今年三月まで五年半、神戸市長田区のケミカルシューズ工場「與鎮(よしず)加工所」で働いていた。

  加工所はいくつもの工場が入居する雑居ビルの一角にある。女性用サンダルの中敷きの製造を手がけ、作業場に並べられた生地を注文に応じて切り抜くのが、クンさんの仕事だった。

  長田区は全国でも有数のベトナム人居住地で、約五百五十人が暮らす(二〇〇五年国勢調査)。多くは政治難民として来日、ケミカルシューズの工場で働く。まだ十四歳だったクンさんも、こうしたコミュニティーのつながりで仕事を得た。

  朝八時すぎ、自転車で加工所に出勤、黒い皮の前掛けをして注文を確認し、裁断機へ。一日に何度も何度もレバーを押し続け、気が付けば日が暮れている。そんな生活だった。同僚の男性は、初めて出勤してきたクンさんの印象を「オオカミのような目をしていた」と話した。

  加工所の與建喜(あたえたつき)社長(42)は、十数年働いていた親類の工場から独立したばかりだった。ハローワークで募集しても日本人は集まらず、クンさんを含めて四人のベトナム人を雇っていた。「当時も今も、長田のケミカルは在日韓国・朝鮮人とベトナム人が支えている」と與社長は言う。

  得意先もなく、ゼロからの出発だったが、與社長は営業に走り回る傍ら、クンさんに日本語や仕事をコツコツと教えた。やがて得意先ができ、注文が入りだすと、クンさんは社長の片腕となって夜遅くまで働いた。

  二年後、クンさんは「部長」というポストが与えられた。新人の教育を任されるようになり、給料は月に約二十五万円になった。

  「クンとは、苦しいときを一緒に乗り越えてきた。彼がいたからこそ、会社を大きくすることができた」と與社長。クンさんもまた、二十歳以上離れた社長を「にいやん」と呼んで慕った。

  二人の結び付きは強いものになっていった。よもや、クンさんが在留資格を失い、強制退去になるとは思いもしなかった。

  きっかけは父のブ・バン・タンさん(51)と義母の夫婦間のトラブルだった。義母は難民として来日し、永住権を持っていた。義母が身元引受人となることで、クンさんらは「永住者の配偶者等」として、日本在留が許可されていた。

  その義母がタンさんと仲たがいし、家を出たまま行方不明になってしまった。在留資格の更新には、身元引受人の立ち会いが求められるが、連絡が取れない。

  二〇〇五年三月、タンさんとクンさんの父子に在留更新不許可の通知が届いた。
my日本より引用
不法外人を支援する勢力は「在日チョン」と「キリスト教」である、まさに反日度100%。
在日チョンとキリスト教は日本から出て行け!

« どうしてこうなった?あの反日の代表の「日教組」が反原発で議論 | トップページ | やはり「初音ミク」の人気は正しい!バ韓国のステマを欧米が見抜く! »

カルト宗教・馬鹿オカルト。」カテゴリの記事

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

反原発・馬鹿左翼・反日主義」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43920282

この記事へのトラックバック一覧です: 不法外人を支援するのは在日チョンとキリスト教!:

« どうしてこうなった?あの反日の代表の「日教組」が反原発で議論 | トップページ | やはり「初音ミク」の人気は正しい!バ韓国のステマを欧米が見抜く! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ