フォト

« おめでたい正月をバ韓国で汚すNHK | トップページ | 4万円で気分はMI6?CIA?KGB? これであなたも「ジェームス・ボンド」。 »

2012年1月 4日 (水)

金もらってもタダでもイラネ!バ韓国テレビ。

サムスン電子は、日本のテレビ市場から撤退して6年ぶりに再進出を検討している。3日付日本経済新聞によると、サムスン電子は最近、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなど日本の家電量販店と会い、サムスンのテレビを日本国内で販売することについて協議したという。

サムスン電子は今年、日本市場の調査を行った上で、2013年から画質が鮮明な有機ELディスプレー(OLED)テレビなど最先端の高価格製品で本格販売に乗り出すという。これについて、サムスン電子は「事実かどうかは明らかにできない」と話している。

サムスン電子にとって、日本のテレビ市場は必ず成功を収めなければならない場所だ。日本では年間2000万台前後のテレビが売れる。中国(4600万台)、米国(4200万台)に次ぐ世界3位の市場だ。市場規模は韓国に比べ10倍大きい。

世界のテレビ市場で首位を走るサムスン電子は、2002年に日本市場で液晶テレビを発売した。しかし、07年に市場シェア0.3%と惨敗して撤退した。日本の消費者は「家電製品は国産が最高」という考えを持っており、外国製品に対し排他的だということが知られている。サムスンだけでなく、LG電子も日本市場で同様に失敗を経験し、09年初めに撤退した。

サムスン電子は、日本市場に再挑戦する力を十分に備えたと判断している。背景にはサムスンのスマートフォン「ギャラクシー」シリーズを2年前に日本で発売した自信感がある。携帯電話市場はテレビ並みに競争が激しいが、サムスン製品は販売首位を争うほどの成果を上げた。こうした人気ぶりをテレビの販売につなげる戦略だ。

LG電子が10年末に日本のテレビ市場に再進出し、一定の成果を上げたことも追い風だ。LG電子は3D(三次元)テレビ市場を積極的に攻略し、昨年第1四半期のシェアゼロから第3四半期には2.3%まで浮上した。

さらに、ソニー、パナソニック、シャープなど日本のテレビメーカーが没落し、日本の内需市場にすき間が生まれたこともある。例えば、ソニーはテレビ部門で8年連続赤字を記録し、総額5600億円の損失を出した。

サムスン電子は、次世代製品の50型級OLEDテレビを日本進出の目玉に据えるとみられる。OLEDはバックライトがなくても自ら発光することができ、明るく鮮明なことが強みだ。ディスプレー部分の薄さは5ミリ以下で、液晶テレビの3分の1にすぎない。

ライブドアニュースより引用

金もらっても・タダでもイラネ! バ韓国テレビ。

« おめでたい正月をバ韓国で汚すNHK | トップページ | 4万円で気分はMI6?CIA?KGB? これであなたも「ジェームス・ボンド」。 »

チョン・バ韓国・在日」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43615012

この記事へのトラックバック一覧です: 金もらってもタダでもイラネ!バ韓国テレビ。:

« おめでたい正月をバ韓国で汚すNHK | トップページ | 4万円で気分はMI6?CIA?KGB? これであなたも「ジェームス・ボンド」。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ