フォト

« オリンパスを始めブラック企業が退職に追い込む手は集団ストーカー | トップページ | 馬鹿ゲンダイに笑われる馬鹿テレビ、目糞鼻糞を笑う2. »

2012年1月20日 (金)

図々しいにもほどがある!東京電力つぶれろ!東京電力死ね!

東京電力が4月から企業向けの電気料金を平均17%引き上げると発表した。「徹底した合理化を織り込んだ上でまかないきれない部分」(東電)とし、今後、一般家庭にも値上げを迫ってくるのは確実だ。人災も加わって広がった福島第1原発事故の被害。避難生活を強いられる被災者を目にしながら社員にボーナスを支給する甘い体質。「ずうずうしいにもほどがある」(大手メーカー幹部)。企業も庶民も怒っている。

 東電によると、値上げ対象は大口の契約先で、標準的な大規模工場では18・4%増。月額では約619万円増で、年に換算すると約7428万円の負担増になる。百貨店などは18・1%で月約413万円増(年約4956万円増)、中小スーパーなどは13・4%で月約9万円増(同108万円増)になるという。

 電力使用量が特に多い自動車関連業界は大揺れだ。業界大手の日本精工は「値上提示とともに長期的なエネルギー供給に関する考え方、ビジョンを示してもらいたい。震災以来、さまざまな経費削減、節電を実施しているが値上げ分を吸収するのは非常に厳しい」(広報部)。

 大手スーパー「ライフ」を展開するライフコーポレーションも「値上げは一方的で、もろにコスト増になる。昨年夏の節電では、店舗照明を50%間引きしたり、ショーケースの照明を部分的に外すなどしたが、足下が暗くなり、商品も見にくくなるなど安全面、サービス面でのマイナスは大きかった」(広報部)と頭を抱える。

 ある大手メーカーの幹部は「値上げするなら、役員や従業員が何カ月もただ働きして、こちらが同情するくらいまで切り詰めるべき。(経営陣の)会見をみると作業服だけど、その下はいい服を着ているようだし、腹が立つ」と吐き捨てた。

 値上げは一般家庭にも忍び寄る。現在、5~15%の上げ幅で検討されているという。

 経済ジャーナリストの荻原博子氏は「東電には、すでに1兆円もの公的資金の注入が確実視されている。われわれ納税者にとっては(値上げは)二重の負担になり、企業が電気代のアップ分を価格に転嫁するようになれば三重苦になる」と危ぶむ。

 標準家庭の電気料金を約6800円とし、15%の値上げと仮定すると、月に約1000円増となり、年では1万2000円のアップ。1杯280円の牛丼(並)を約43杯も注文できる計算だ。

 東電の電気料金は、社員の福利厚生費から慶弔費まで、あらゆる経費を転嫁して決める「総括原価方式」が採用されている。また、資金が足りないといいながら昨年12月、社員1人あたり37万4000円のボーナス(一般職の組合員平均)を支払った。

 「電気料金の妙な決定方法をやめて、ボーナスを原油代に回してからだよ、値上げの話は」(先のメーカー幹部)。皆が皆、そう感じている。

ライブドアニュースより引用

図々しいにも程がある!いつ見ても東京電力には頭にくる!

東京電力つぶれろ! 東電死ね!

« オリンパスを始めブラック企業が退職に追い込む手は集団ストーカー | トップページ | 馬鹿ゲンダイに笑われる馬鹿テレビ、目糞鼻糞を笑う2. »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43817229

この記事へのトラックバック一覧です: 図々しいにもほどがある!東京電力つぶれろ!東京電力死ね!:

« オリンパスを始めブラック企業が退職に追い込む手は集団ストーカー | トップページ | 馬鹿ゲンダイに笑われる馬鹿テレビ、目糞鼻糞を笑う2. »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ