フォト

« 反日・在日政治家がこれだけいます、気をつけましょう。 | トップページ | 集団ストーカーの「仄めかし」(ガスライティング・アンカリング)の手段。 »

2011年12月20日 (火)

創価学会を日本から駆逐せよ!集団ストーカーを許すな!

「奴隷になりなさい」・・・ウルトラダイナソアの家庭の事情「3」(小説創価学会FREE)
6300 アクセス

 アメーバだと一瞬にして削除される内容ですので、

 どうか、保存したり転載したりして頂ければ幸いです。

 「創価学会にとって、かなり不都合な真実」なようです。


 「奴隷になりなさい」・・・ウルトラダイナソアの家庭の事情「3」(小説創価学会FREE)
http://t.co/7gvwFUR6

アメーバで書いたら、1時間もせずに強制非公開にされました。
http://ameblo.jp/d-extra/entry-11106000469.html


 この「3」では、創価学会員の子に産まれたら、どういう環境で育つのかを、記しておきたい。

 また、これにより、創価学会員である親が、人間の子供に対して行なっている事を知り、

 そして、「創価学会員が近くに居る事」が、どれだけ有害であり、災いであり、不幸であるのかを知って欲しい。


「1」
 火事だ!・・・ウルトラダイナソアの家庭の事情「1」(小説創価学会FREE)
 http://ameblo.jp/d-extra/entry-11031304525.html

「2」
 「死んで寄付をしなさい」・・・ウルトラダイナソアの家庭の事情「2」(小説創価学会FREE)
 http://ameblo.jp/d-extra/entry-11088161363.html



0:金正日の奴隷・・・創価学会員
1:連行されて勧誘の手伝い
2:創価学会の活動をサボった時に起きる事
3:音楽隊の活動をサボった時に起きる事
4:祖母に恐喝をする為に、孫を虐待する。
5:どんな会社に勤めても付き纏う創価学会員
6:奴隷化目的に洗脳する・・・その手段




 創価学会のシンボルは「青・黄・赤」の三色です。

 朝鮮で用いられる伝統的な「民族色」であり、「朝鮮の正装において用いられる基本的な三色」でもあります。

 「創価学会員」であると言う事は、「在日コリアン」の奴隷=「金正日の奴隷」でもあります。

 創価学会とは、在日コリアンが日本人を奴隷化して利益を得る犯罪組織であり、在日コリアンは金正日に献金しています。

 創価学会員のお金が、金正日に貢がれ、それが拉致資金の1つにもなっていると言えます。

 そうすると、「創価学会員=日本人女性拉致犯人」っと言う公式も成り立ちます。



1:連行されて勧誘の手伝い


 中学生の時

 学校では・・・

 ある日、家に帰ると、20時だと言うのに、創価学会の男子部員に連行されて、

 同級生の家をドサ回りさせられて勧誘の手伝いをさせられた事がある。

 「早く車に乗れ!」

 「どうして?」

 「今からのお前の同級生に会いに行くぞ。」

 それだけを強制的に拉致されて連行させられて、同級生の家に連行された。

 僕を使って創価学会への勧誘をする為だ。


 その翌日。

 「どうしてあんな時間に家に来たんだ?」

 「命令されて連行されたんだ。もう二度と行かないよ。」

 「そうしてくれ。」

 創価学会が原因で、クラスで友人を作るのもちょっと難しくされる事があった。


 しかし、これは日常的に、創価学会の男子部員がしている犯罪の1つでもあります。

 創価学会の男子部員とは、未成年の子供を拉致し、連行し、勧誘目的に連れ回します。

 そして、創価学会員の親も、この犯罪に加担します。


 だから、創価学会員の親の元に産まれてしまった場合。

 自力で抜け出さない限りは、「洗脳」「思想統制」「奴隷化」が続くんだ。



2:創価学会の活動をサボった時に起きる事

 家では・・・

 「自分で考える事は、間違った事をし易いから、自分で判断してはならない。」

 などと言われて、「思考禁止」にされていた。

 自分で意見を言う事が、創価学会員が親である家庭では、禁止なんだ。


 どうしてかって?

 日本人・人間を奴隷化するのが、創価学会だからだ。


 その他に、


 お年玉を恐喝される。

 学会活動をサボると、本を全部捨てられる。

 読んでいいのは、「創価学会関連書籍」「ホラーコミック」「4コマ漫画」だけ。


 また、

 創価学会の活動をサボルと、同級生の創価学会員が、嫌がらせを始めるのも、創価学会員の特徴です。

 僕が創価学会の活動をサボリ始めてから、何故か遊び友達から誘われなくなり、避けられるようになった時期があったけど、その原因が創価学会員による陰口が原因だった。

 その上で、創価学会の活動をサボると家庭でも・・・以下の事をされます。

 家の中にある靴下やパンツのゴムを伸ばす。

 CDや本を盗み売って寄付に使う。

 「ズボンのベルトを1つだけ外しておく」などをする。

 ズボンのチャックを壊す。

 自分宛の手紙を捨てて知らんぷり。

 電話が来ても繋がないで知らんぷり。

 夕食抜きにされる。

 朝食も、勤行に興じるフリをして作らず、ご飯も食べさせない。



 これにより、

 小学生や中学生だと言うのに、

 学校では創価学会員による嫌がらせが起き、

 家庭では、創価学会員の親や家族によるイジメが起き、

 近所でも、「ちゃんと活動に出るのよ。」っと言う言い方での脅迫が起きるんだ。


 創価学会の活動をサボると、居場所が無くなるんだ。

 何処に言ってもイジメや嫌がらせをされるようになるんだ。

 ・・・だから、

 創価学会員の親を持つと、奴隷化され続ける環境に収容されるんだ。

 これは刑務所とか強制労働とか、それに加えて「思想統制」もされるんだ。

 ようするに、「洗脳」「奴隷化」をされ続ける環境になってしまうのが、「創価学会員が居る地域」なんだ。



3:音楽隊の活動をサボった時に起きる事

 創価学会の音楽隊に入隊させられてから、

 創価学会の音楽隊の活動に行くのを嫌がると、背中に包丁を突きつけて、無理やり活動に行かせるのが、僕の母親だった。

 「痛いよ!」

 「早く音楽隊の活動に行きなさい。」

 表情を変えずに平気で包丁で背中を突っついて音楽隊の活動に行かせるのが、創価学会の婦人部員なんです。


 小学校や中学校の生徒なのに、

 日曜日の10時から17時まで練習をさせられたり、

 帰宅するのが午前1時な日もあった。


 「マスゲーム」の為だけに、子供を奴隷化するのが創価学会です。

 創価学会の「マスゲーム」に参加させられている未成年の子供達は、少なからずこういう経験や似たような経験をさせられていると考えられます。


 また、

 「寄り道禁止」(帰宅直後から音楽隊の活動に強制参加)

 「日曜日は活動優先」

 小学校でも、創価学会員の同級生による監視があり、発言もろくに出来ませんでした。


 ほかのみんなは分からないけど、

 僕にとって小学校や中学校とは・・・

 「創価学会の活動をサボると、創価学会員から嫌がらせをされる。」

 「学校で不用意な発言をすると、家や近所で報復される。」

 これが、創価学会員が多い地域で起きている事です。


 創価学会員とは、その100%が犯罪者だと言いたくなるし、そう思える過去です。

 そして、日本全国の、創価学会員の家庭で、このような虐待が起きている可能性がある事を知って下さい。



4:祖母に恐喝をする為に、孫を虐待する。

 祖母に寄付をさせる為に、創価学会がした事、それは・・・。

 「創価学会員に、僕をリンチさせる事。」だった。

 小学校2年の時は、一部の上級生の命令で、同級生から毎日暴力を受けた。

 家でそれを相談すると、「それは前世での行いが悪かったか、祈りが足りないお前が悪い。」っと、叱られるだけだった。

 「格闘技を習いたい」と言うと。

 「そんな野蛮なものはダメだ!」
 「格闘技を習うより、祈って幸せを掴みなさい。」

 っと、家族と創価学会の指導員から叱られていた。

 その同級生に毎日暴力を振るう事を命令していた上級生の家には、”あの”仏壇があった。

 そして、創価学会員の家族と指導員は、祖母に対して、

 「お孫さんがイジメられないようにするには、功徳を積むしかない。」

 などと言って、毎年1000万円以上を寄付する事を迫っていた。

 ようするに、

 「孫を創価学会員が集団暴行を日常化し、祖父母に対して、寄付を迫る。」

 これが、創価学会による恐喝手段の1つであり、

 僕が体験した事の1つでもあります。


 あの時は、未来とか希望は全くありませんでした。

 思考禁止な上で、暴力と叱責と強制労働だけの日々でした。


 それが、日本全国で未だに続いていると考えると、この事実を全国に広めて、

 創価学会員と言う凶悪な犯罪者を1人残らず日本から居なくしたいと思うのは普通だと思う。



5:どんな会社に勤めても付き纏う創価学会員

 社会人になってから

 「給料は4万円を残して全額寄越せ。」

 「ボーナスはそのまま全額寄越せ。」

 路上で5人がかりで囲まれて「お前も公明党に投票しなさい。」っと脅される。


 そして、「幼少時から同居していた時まで続く共通点」である、以下の事も起こります。

 家の中にある靴下やパンツのゴムを伸ばす。

 CDや本を盗み売って寄付に使う。

 「ズボンのベルトを1つだけ外しておく」などをする。

 ズボンのチャックを壊す。

 自分宛の手紙を捨てて知らんぷり。

 電話が来ても繋がないで知らんぷり。



 そして、

 妹などが、仲間を連れて、職場に「お小遣い頂戴」などと金銭を集りに来る。

 母親が、給料やボーナスをその度に集る。


 なども続きました。

 そうしてまで、創価学会へ寄付をする為の資金を作るのです。


 また、社内で創価学会の悪口を言ってから、以下の事が起こる場合があります。

 ターゲットのPCを立ち上げて社内の誹謗中傷をする分を書き、そのターゲットが知らないうちに、誹謗中傷をされた相手に知らせる事で、社内で対立させる。

 社会で貸し借りをして返却したものを、盗んでデスクなどに入れて、それをターゲットが知らない間に、持ち主に知らせる。

 ターゲットの名前を使って、ターゲットの知り合いの女性に連絡し、ターゲットが知らない場所で合コンなどを開催し、ターゲットの誹謗中傷をして評判を落とす。

 ターゲットに対して、デスクなどで、ターゲットの知り合いの女性の実名と共に、セックスの実演を聴かせ、それを叱ると、「あいつは精神がおかしい」などと言い触らす。

 ターゲットのデスクの中に、趣味が疑われるような内容の雑誌を入れておき、ターゲットが知らない間に、社内に知らせて、ターゲットが気づく前に雑誌を処分する。

 故意に怪我をさせられる。

 間違った指示を出され、それを指摘すると「チームワークが出来ない。」と言われ、
 それに従った結果、損害を出すと、その責任を取らされる。
 これを繰り返される事で、評価を下げられる。

 何処に転勤したとしても、その勤務地に訪れて知り合い面をする。

 職場の目の前で、2人以上で、「あいつはネットで変な小説を書いている」などと頻繁に誹謗中傷をする為だけに現れて、それを続ける。



 ですので、

 創価学会員とは、

 学校でも、近所でも、通勤途中でも、社会でも、会社でも、

 常に有害であり、どんな場所でも利己的であり、回りに対して損害しか生み出さない不幸の元凶であり、テロリストだと思ってしまっても、仕方がないと思います。

 また、これが、在日コリアン(金正日)の奴隷である創価学会員の姿です。



6:奴隷化目的に洗脳する・・・その手段

 この記事の最後として、創価学会員が行う「洗脳」について記しておきたい。


 僕が創価学会員である母親などと同居していた時、頻繁に以下の事が起きた。

6-1
 起きると怪我をしている。

 手首に切り傷があったり、昨日まで健康だった歯がグラグラになっていたり、鼻に激痛が走り、実は骨が折られていたり、打撲傷があったり・・・などがある。

6-2
 寝ている時に話しかけ続ける。


6-3
 何度も何度も、「今日は何処に出かけたの?」「誰と会ってたの?」っと何ども答えるまで眠らせないで質問する。


6-4
 寝ている時に、猥褻な言葉を言い続ける。

 ある時期、
 創価学会の批判を社内でしてから、一部の同僚が、わたくしが社内で仮眠を取っている時に、
 「ボッキチンチン」「ボッキチンチン」などと、10分以上も言い続けていた事がある。

 また、すれ違い時に、「死ね」っと言う事を繰り返した事もある。


6-5
 賃貸住宅に住んでいると、隣に創価学会員が引越しして来て、夜中に騒音を出して睡眠を妨害する。

 真夜中に壁などを叩き乍セックスをする。

 家の壁や玄関の床を故意に叩き続ける。

 外から、ライトを寝ている部屋の窓に当てる。

 階段があれば、音を立てて昇り降りを夜中に何度も繰り返す。




 ここに記した事は、

 わたくしの体験と、知り合いの体験を元に記しています。


 そして、日本全国で、

 「加害者:創価学会員」

 「被害者:日本人」

 っと言う図式の不幸や災いが発生し続けている事を知って下さい。


 テロ組織や犯罪組織を日本から駆逐し、

 日本人が幸せに暮らせる日本を実現する原動力の1つになれば幸いです。


 創価学会員には天罰を、

 日本人と日本には幸せを。



 参照

創価北朝鮮学会の三色旗の秘密
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sanshoku.htm

~ オカルトタウン紀行 信濃町編(東京都新宿区)~
http://shinano-machi.tripod.com/

三色鬼に要注意!(特集) -朝鮮系反日カルト宗教教団 創価学会-
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/fcf4bb6184bd513...

創価学会は北朝鮮宗教である
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm

 サイレンお経付き
http://www.nicovideo.jp/playlist/mylist/24740868?sort=8&f...

my日本より引用

« 反日・在日政治家がこれだけいます、気をつけましょう。 | トップページ | 集団ストーカーの「仄めかし」(ガスライティング・アンカリング)の手段。 »

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43443287

この記事へのトラックバック一覧です: 創価学会を日本から駆逐せよ!集団ストーカーを許すな!:

« 反日・在日政治家がこれだけいます、気をつけましょう。 | トップページ | 集団ストーカーの「仄めかし」(ガスライティング・アンカリング)の手段。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ