フォト

« 一隻大破!ザマァ!このまま沈め!シーシェパード!死ね! | トップページ | 國學院大學の革マル派も急浮上してきた、靖国神社放火事件。 »

2011年12月30日 (金)

創価家庭が子供のイジメや不法な防犯パトロールを行う。

子供に集団ストーカーをさせるということは、それは子供に「イジメは正しいことだ」、「集団リンチは正しいことだ」と教えているようなものです。こういった子供は将来的に人の心の痛みが分からない大人となるため、平気で人を傷つけたり犯罪行為に走るようになるのです。

集団ストーカーが子供に正しい道を教えられるわけがなく、また育てられた子供も正しい人間になるわけがないのです。

結果的に延々と加害者と被害者を量産し続けていく負のスパイラル状態となっているのです。

また集団ストーカーの真似事は、10~15人もいれば誰でもできます。こうした手口を知ってイジメや嫌がらせに悪用する人が出てくる恐れもあります。手軽に行えるだけに子供なんて特に真似して行いそうです。例をあげると、クラスで1人をのけものにし、みんなで無視してすれ違いざまなどに咳払いを繰り返していればいいだけです。既にどこかの学校で実施しているところがあってもおかしくありません。これが集団ストーカーのやっていることであり、完全に大人の責任となります。自分達で手口を伝授しているんですから、そりゃ口コミなどで広まっていくでしょう。こういった集団ストーカーが子供のイジメの根本となっており、大人がこんなことしている限りは子供のイジメなどなくなるわけがないのです。「子供のイジメをなくそう」とか綺麗事を言っている暇があるなら、まずおまえらが手本を見せろという話です。

こういった子供の問題を背景にすると、いかに集団ストーカーの存在とその行為が恥ずかしいものであるかがわかると思います。

なにが「子供を守る110番の家」なのか。守るどころかイジメを蔓延させる結果となっている。

my日本より引用

創価家庭の非信者の子供に対して起こってるいじめや、防犯パトロールの不法な付きまといが創価の集団ストーカーの一部である。

PTAパトロールやわんわんパトロールが付きまとっていたりあらぬ疑いで警察を呼ぶケースも創価のやり口で警察も創価の一味である。

変なパトロールに気をつけよう。

« 一隻大破!ザマァ!このまま沈め!シーシェパード!死ね! | トップページ | 國學院大學の革マル派も急浮上してきた、靖国神社放火事件。 »

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43558265

この記事へのトラックバック一覧です: 創価家庭が子供のイジメや不法な防犯パトロールを行う。:

« 一隻大破!ザマァ!このまま沈め!シーシェパード!死ね! | トップページ | 國學院大學の革マル派も急浮上してきた、靖国神社放火事件。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ