フォト

« 公衆無線LAN事業者が「集団ストーカー」? | トップページ | インターネット攻撃を行うサイバーテロ国家「バ韓国」 »

2011年12月 7日 (水)

いつから「ヤマト運輸」は集ストの手先になった?

ヤマト運輸は7日、同社の瑞穂汐路センター(名古屋市南区)で契約していた60代の委託配達員の男性(現在は契約を解除)が、チラシやパンフレットなどのメール便計約1300通を廃棄したほか、約300通を滞留させていたと発表した。ヤマト運輸によると、発送したのは法人の顧客で多くはダイレクトメール。この委託配達員は2008年1月に契約し、名古屋市瑞穂区の一部を担当していた。

ライブドアニュースより引用

おいおいおいメール便を廃棄・滞留させていたとは、まるで集団ストーカーの郵便物遮断作戦じゃないか? 集ストの郵便物遮断作戦は郵便受けを勝手に開けて郵便物を隠匿・破棄する作戦だが、最近は郵便受けに鍵がかかるので勝手に開けられなくなった。

今度は配達員を使った郵便物遮断工作か?

« 公衆無線LAN事業者が「集団ストーカー」? | トップページ | インターネット攻撃を行うサイバーテロ国家「バ韓国」 »

集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43294493

この記事へのトラックバック一覧です: いつから「ヤマト運輸」は集ストの手先になった?:

« 公衆無線LAN事業者が「集団ストーカー」? | トップページ | インターネット攻撃を行うサイバーテロ国家「バ韓国」 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ