フォト

« クソゲンダイとグリーンピースの反日、放射能煽りコラボ。 | トップページ | カスゴミと「江原博之」の馬鹿の影響で神社・仏閣が荒れる。 »

2011年11月21日 (月)

在日の分際のくせに邦画に苦言!在日は日本から出て行け!

映画監督の崔洋一が11月20日、東京・築地の東劇で開催されている特集上映「限定!川島パラダイス♪」でトークショーを行った。現在開催中の「第12回東京フィルメックス」の一環として、幅広い作品群で“重喜劇”とよばれるスタイルを確立させた故川島雄三監督が、1950年代に発表した傑作4本をレトロスペクティブ上映。崔監督は「日本映画の系譜において、娯楽作品の耽美や独特の世界観をもっている」と評した。

川島監督は1918年、青森県下北郡田名部町(現・むつ市)に生まれ、明治大学卒業後、松竹に入社。小津安二郎、木下恵介らの助監督を務め、44年に田中絹代主演「還って来た男」で監督デビューした。その後、日活、東宝、大映といった大手スタジオで活躍し51本の長編を生みだしたが、63年に「イチかバチか」の公開直前、肺性心を患い45歳の若さで死去した。今回の特集上映では「とんかつ大将」(52)、「昨日と明日の間」(54)、「愛のお荷物」(55)、「洲崎パラダイス 赤信号」(56)がニュープリントでスクリーンによみがえる。

「とんかつ大将」は長屋の住人たちから“とんかつ大将”の愛称で親しまれる主人公と、長屋に立ち退きを迫る大病院の女院長が繰り広げる社会派の人情ドラマで、「社会的に同じ場所にいられない人間が向き合うことでドラマを生んでいる。へたすれば、陳腐になりがちだが、愛すべき人たちがたくさん出てきて魅力的」(崔監督)。そして「川島監督自身が“流転”の人だった。わかりやすい社会の図式に、あえてドラマを求めた姿勢は変わらない」と分析した。

さらに「大量に映画を製作するなかで、世界中の映画事情もよく理解していたんじゃないか。イタリアのネオリアリズムの影響を感じる部分もあるし、いわゆるケレン味とは距離を置いたモダニズムが面白くて格好いい」と最敬礼。そして「自分も含めて、近ごろの日本映画はどうも貧乏くさい。どうにかならないか」と苦言を呈するひと幕もあった。

gooニュースより引用

在日の分際で日本の映画に苦言とは何事だ!バ韓国映画見るぐらいならまだ邦画のほうがいい!

« クソゲンダイとグリーンピースの反日、放射能煽りコラボ。 | トップページ | カスゴミと「江原博之」の馬鹿の影響で神社・仏閣が荒れる。 »

パチンコ・在日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/43087358

この記事へのトラックバック一覧です: 在日の分際のくせに邦画に苦言!在日は日本から出て行け!:

« クソゲンダイとグリーンピースの反日、放射能煽りコラボ。 | トップページ | カスゴミと「江原博之」の馬鹿の影響で神社・仏閣が荒れる。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ