フォト

« 武田邦彦はやはり二枚舌のベロ屋しか過ぎない。 | トップページ | 自然クラフト教室でローズマリー石鹸作り、花王不買も推進できる。 »

2011年10月19日 (水)

まだまだ出てくる「大王製紙」の闇。

 大手製紙メーカー大王製紙のマネースキャンダル。張本人の創業一族、井川意高会長(47)は、「背任罪の可能性も否定できない」(佐光正義社長)と指摘される中、9月16日付で辞任した。
 佐光社長が明らかにしたところによると、井川前会長はグループ7社などから数回に分けて総額84億円を借り入れ、30億円弱は返済したものの、残高がまだ55億円あるという。メールでの内部告発により調査に着手し確認できたとのことだが、本人は借入金の使途を説明していないらしい。

 いったい、せしめた大枚を何に使ったのか。既にマカオでカジノ賭博に湯水のごとく注ぎ込んだとの“武勇伝”が語られているが、そこは42歳の若さで「エリエール王国」の社長に就いた御曹司。人脈も複雑多彩を極める。
 「政界では東大の同級生だった浅尾慶一郎衆議院議員と、高校の後輩に当たる後藤田正純衆議議員が有名。後藤田さんとの関係で中曽根康弘元首相とも親しい間柄です」(情報筋)

 元社長の父親・高雄氏(最高顧問)を始め一族自体が華麗なる政界人脈を誇り、関係者によると、永田町の超高級賃貸マンション『パレロワイヤル永田町』に一室を保有、ここに「海千山千の政治家が足繁く出入りする姿が目撃されていた」という。
 そんな血筋を引き継ぐだけに芸能関係の交遊もかなり派手。「神田うのや海老蔵とはツーカーの仲。藤原紀香がまだ売れない時代にも、関係があったようだ」(芸能記者)との情報もある。
 父親の社長時代、社員が書類を丁寧に新しい封筒に入れ、ボールペンで宛名を書いた。これを受け取るなり、社長は烈火のごとく怒ったという。鉛筆を使えば消して再度使えるし、新しい封筒はもったいないというのだ。
 社員にそこまでケチを強いた創業家の思い上がりの果てが、御曹司の不祥事というのも因縁めく。

週刊実話より引用

まだまだ出て来る大王製紙の闇!汚れが取れないところか逆に汚れが付く「エリエール」

汚い言い方だがケツもふけない便所紙エリエールである。

大王製紙も同じ大王の閻魔大王には勝てなかったのか、悪事の閻魔帳が大王製紙に

裁きを与える!ケツもふけないでケツが汚れるエリエールの行方は!

« 武田邦彦はやはり二枚舌のベロ屋しか過ぎない。 | トップページ | 自然クラフト教室でローズマリー石鹸作り、花王不買も推進できる。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/42589456

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ出てくる「大王製紙」の闇。:

« 武田邦彦はやはり二枚舌のベロ屋しか過ぎない。 | トップページ | 自然クラフト教室でローズマリー石鹸作り、花王不買も推進できる。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ