フォト

« 写真は撮り損ねたが・・・ | トップページ | レイプされたと虚像申告、これって痴漢冤罪も当たるな。 »

2011年9月 1日 (木)

バカ日新聞がデモをやっと記事にした、しかしクソフジ援護で同じ穴の狢

これまで全くと言っていいほどマスコミが報じなかった「反韓流デモ」を、9月1日付けの朝日新聞がようやく報じた。海外ではCNNのウェブ版なども報じているのに、国内では一部のスポーツ紙やウェブニュースを除いては、まるで無視されていた。

 このデモは、俳優の高岡蒼甫(29)がネット上でつぶやいた一言がきっかけだった。「韓国のTV局かと思うこともしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組求めてますけど」とフジテレビを批判。8月21日、この発言に共感した約5000人が、東京・お台場のフジテレビ前で抗議デモを開いたのだ。
 
 今回の朝日の記事は、デモから11日後の掲載という不自然なタイミング。掲載面も37面と奥の方で、地味な扱いだった。記事の論調は記者の意見が前面に出ており、“不確かな情報をネタに盛り上がる「祭り」”と評した上で、”自分たちの方が偏向していないか”とする識者コメントを掲載している。

 デモが世界的に報道される中で、ついに大手全国紙も重い腰を上げた格好だが、今回の記事はネット上で大きな波紋を呼ぶことになりそうだ。(BLOGOS編集部・安藤)

「暇で韓国が嫌いな人たち」とのコメントも


 この記事は「5000人デモ ネットから火」という見出しの後、次のように始まる。

 ネット上に投稿された、韓流ブームを批判するひと言が、テレビ局を取り囲む数千人のデモに発展する騒動が起きている。テレビから既存メディアへの異議申し立ての性格を帯びる半面、不確かな情報をネタに盛り上がる「祭り」のような危うさも潜む。

 その上で、デモが大規模掲示板「2ちゃんねる」で呼びかけられて実行されたことを引き合いに出した。デモの実行委員会の中心メンバーが30~40代の男性4人で、今回初めて顔を合わせて、互いにハンドルネームで相手を呼び合ってることなどに触れた上で、次のように委員会の代表者の言葉を紹介する。

 匿名の存在が掲示板で束ねられ、ネット上の「祭り」のようにデモとして噴き出す。代表は言う。「ネットで訴えても見ない人は見ない。現実の社会でデモができ、達成感があった」

 抗議が目的なのか、ただリアルな充実感を得たいだけなのか。

 何だか記者の主観がモロに出ているように感じてしまう。囲みで掲載されたニュースサイト編集者の中川淳一郎氏のコメントは、さらに辛らつだ。

偏向はどっち 自問してみて

 韓流のソフトは安く、視聴率もそれなりに取れる。テレビ局は経済合理性で動いているだけだろう。「偏向」と批判する前に、ネット上の都合のいい情報しか信じない自分たちの方が偏向してないか自問してほしい。

 義憤に駆られているのだろうが、結局、暇で韓国が嫌いな人たちに見えてしまう。

 このようにデモに批判的なトーンが続く。一方で、韓流ドラマが増えた理由にはノータッチだ。放送コンテンツの検証はなされていない。むしろ、「フジテレビだけが特別ではない」と放送業界を擁護している。

 韓流ブームのきっかけは、NHKが2003年に放映したドラマ「冬のソナタ」だった。以降、各局が競うようにドラマや歌謡曲を流しており、フジテレビだけが特別ではない。

 系列局のテレビ朝日も韓流ドラマを放送しているためか、韓流ブームを批判することは朝日新聞の記者にとってはご法度なのではないか。つい勘ぐってしまいたくなる不思議な記事だった。

ライブドアニュースより引用

よりによってデモを記事にしたのは悪評高い「クソ日新聞」または「馬鹿日新聞」である。

バカフジ弁護で相変わらずクソ日・テロ日・馬鹿日ぶりを発揮、同じ穴の狢だからな。

« 写真は撮り損ねたが・・・ | トップページ | レイプされたと虚像申告、これって痴漢冤罪も当たるな。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/41459994

この記事へのトラックバック一覧です: バカ日新聞がデモをやっと記事にした、しかしクソフジ援護で同じ穴の狢:

« 写真は撮り損ねたが・・・ | トップページ | レイプされたと虚像申告、これって痴漢冤罪も当たるな。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ