フォト

« 外人を創価に置き換えれば鍬による殺人未遂事件も・・・ | トップページ | 高速バスはJRのようなきちんとした事業者を使いましょう、事故が起こってからは遅すぎます。 »

2011年8月14日 (日)

破壊を生み出した民主党政権

皆さま、おはようございます!
本日は、昨日に引き続き、幸福実現党岐阜県本部幹事長兼岐阜5区支部長の加納有輝彦(かのうゆきひこ)氏より、「破壊を生み出した民主党政権」と題し、3回目のメッセージをお届け致します。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
【加納有輝彦氏寄稿】

民主党政権が発足し、これほど簡単に、政府によって国民の自由が略奪、剥奪された時期はありません。

振り返れば、事業仕分けに始まり、民主党政権が行ってきたことは、縮小、停止、阻止、中止のみです。創造は一切ありません。

明るい未来像が菅直人首相の頭の中には一切ないのです。

今回の東日本大震災の発災後も、本来なら、迅速に大規模な復興補正予算を組んで、大規模公共事業を施行し、明るい未来創造(復興)に着手することもできたはずです。

幸福実現党の大川隆法名誉総裁が、菅政権発足前より指摘していた事が、現実となってきました。

それは、菅直人という人物の潜在意識の「心象風景」に、発展的未来ビジョンが一切なく、存在しているのは「戦後の焼け野原」の風景のみだということです。

菅直人という人物の、潜在意識、心象風景は「戦争で悪いことをした日本が、発展繁栄する資格はない。発展繁栄は“悪"であり、アジアの人々への贖罪として、もう一度、日本は戦後のような焼け野原にならなければならない。焼け野原こそ日本にふさわしい──」

この恐るべき心象風景は、自由な資本主義、民主主義による繁栄を完全に否定しており、貧しさを分かち合う社会主義国家へと繋がります。

先進国日本を焼け野原にするには、強権的、独裁的統治がふさわしいのです。ゆえに、それは自ずと国家社会主義体制へと至るのです。

東日本大震災という大カタストロフィーが起こったのも、「脱原発」によって日本全体が電力危機に陥っているのも、増税による国家衰退が現実化しているのも、実は菅直人氏の心象風景の具現化であり、民主党の集合想念であります。(つづく)

加納 有輝彦
HP:http://ameblo.jp/papadad/
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。
◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp

« 外人を創価に置き換えれば鍬による殺人未遂事件も・・・ | トップページ | 高速バスはJRのようなきちんとした事業者を使いましょう、事故が起こってからは遅すぎます。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/41202168

この記事へのトラックバック一覧です: 破壊を生み出した民主党政権:

« 外人を創価に置き換えれば鍬による殺人未遂事件も・・・ | トップページ | 高速バスはJRのようなきちんとした事業者を使いましょう、事故が起こってからは遅すぎます。 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ