フォト

« 石巻の偽医者、今度は補助金詐欺!も出た。 | トップページ | やはりmy日本の桜庭氏はフジテレビ・創価学会・統一教会に監禁されてるか殺害されたか? »

2011年8月19日 (金)

テレビはソニーにとっても厄介者、ソニーもテレビから手を引いたら?

テレビは8期連続で赤字確定――。7月28日、2011年4~6月期決算を発表したソニーは、早々に事業の見直しを迫られた。

 12年3月期は赤字半減を見込んでいたが、前期並み(750億円)か、さらに膨らむ見通し。販売計画も2700万台(前期2240万台)から500万台引き下げた。

 最大の誤算が欧米市場だ。特に北米は泥沼の価格競争に陥っている。需要が細る中、ウォルマート・ストアーズが競合メーカーであるVIZIOの低価格品を拡充。ソニーの売り場は縮小し、価格で対抗したが、赤字は膨らんだ。

 そこで「欧米市場では数を追わず、構造改革に踏み込む」(加藤優CFO)と方針転換。日米欧の販売部門のリストラに着手する。

止まらない価格下落

 決算と同日、テレビ事業のトップ交代も発表した。石田佳久ホームエンタテインメント事業本部長(写真)は、携帯電話の合弁会社、英ソニー・エリクソンの副社長へ出向する。

 石田氏はハワード・ストリンガー会長兼社長が次世代のリーダーと期待した「四銃士」の一人。昨秋、米グーグルのテレビ向けプラットフォームを採用した世界初の「Google TV」を北米で発売したが、ヒットに結び付けられなかった。

 後任には稼ぎ頭のデジタルカメラを統括し、ミラーレス一眼「NEX」をヒットに導いた今村昌志パーソナルイメージング&サウンド事業本部長が就任。「石田は結果として利益を出せなかった。今後は商品作りが得意な今村が取り組む」(加藤CFO)。

 今回の人事は、平井一夫副社長の意向も働いている。次期社長候補と目される平井副社長は、4月からテレビを含む一般消費者向け製品すべてを統括している。8月中に改革案を発表する方針で、「地域によっては販社の統合を考える。一方で、新興国の人員は今まで以上に増やしていく」という。

@Niftyより引用

テレビは番組はクソだし見るもの無い、トリニトロンの栄光を忘れられないのかソニーは

いまだに大赤字を抱えるテレビ部門を抱えている。

自分はソニーにテレビから手を引け!チューナー無しのモニターだけにしろと言いたくなる

もはやテレビはハードもソフトも死んだも同然だと言いたくなる。

トリニトロンの栄光は忘れろ!このままじゃテレビ部門がソニーを潰しかねん。

« 石巻の偽医者、今度は補助金詐欺!も出た。 | トップページ | やはりmy日本の桜庭氏はフジテレビ・創価学会・統一教会に監禁されてるか殺害されたか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549273/41281080

この記事へのトラックバック一覧です: テレビはソニーにとっても厄介者、ソニーもテレビから手を引いたら?:

« 石巻の偽医者、今度は補助金詐欺!も出た。 | トップページ | やはりmy日本の桜庭氏はフジテレビ・創価学会・統一教会に監禁されてるか殺害されたか? »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ